いちご鼻 治す方法

いちご鼻の4つの原因と治す方法!

このページでは、鼻の黒ずみの原因と治し方について詳しくまとめました!

 

 

 

 

いちご鼻の原因は、大きく分けると4つあります。

 

  • ①角栓
  • ②皮脂の影響
  • ③紫外線
  • ④鼻のうぶ毛つまり⇒詳しくはコチラ

 

それぞれの原因について説明していきます!

 

角栓

 

30代までは、角栓がないのに毛穴が目立つ人は2割ほどしかいません。

 

つまり、若い人は角栓があるといちご鼻に見えてしまう可能性が高いと言えます!

 

逆に、40代では角栓がないのに毛穴が目立つ人は、約半数です。

 

 

角栓の組成は断面の拡大観察により、脂質が中心となって周りをケラチン性の細胞破片が玉ねぎ状に重層化して包んでいます。

 

角栓の蛋白質を分析するとアクネ菌由来のタンパク質が検出されます。

 

目に見える炎症が角栓では起きていないものの、炎症に関わるタンパク質が多く存在することからアクネ菌により過角化・重層化が起き角栓が形成されると考えられます。

 

 

1.弱い皮膚の炎症
⇒2.皮膚の再生機能の高まり(ターンオーバー促進)
⇒3.過角化・角化異常
⇒4.角栓の形成

 

 

皮脂の酸化

 

毛穴の目立つ人は、皮脂中の不飽和脂肪酸量が高いことが分かっています。

 

つまり、皮脂が酸化することにより皮膚に刺激を与える物質へと変化し、毛穴のキメの乱れを引き起こしていると考えられます。

 

また、不飽和脂肪酸はニキビの原因となるアクネ菌のエサとなることも分かっています。

 

 

紫外線による肌老化

 

若い人(10代)は、肌年齢が若いので紫外線が当たっても、まだ肌老化は起こりません。

 

しかし、20代以降は、

 

  • 紫外線自体による肌老化
  • 紫外線で皮脂が酸化し、過酸化物質となり肌が刺激を受ける

 

ことにより、毛穴が開いてきます。

 

そして、毛穴の開きが鼻の皮膚の乾燥・黒ずみへと悪循環を起こし、いちご鼻の原因となっていると考えられます。

 

 

いちご鼻を治す方法

 

いちご鼻,治す方法

 

鼻の黒ずみを除去する方法は大きく2つの手段があります。

 

⇒いちご鼻自宅ケア!

 

毛穴専用エステに行く!
いちご鼻エステについては別のページでまとめました♪

 

いちご鼻の自宅ケア

 

 

いちご鼻の自宅ケアで大事なことは、

①正しい洗顔をする
②洗顔後の保湿

の2点が大事のポイントです!

 

正しい洗顔

洗顔をする時に大事なことは、毛穴が開いた状態で洗顔をすることです。

 

毛穴が開いていない状態で洗顔をしても毛穴の奥の汚れは落とせません。

 

無理に角栓を取ろうとすると毛穴がダメージを受け、毛穴の開きや黒ずみの原因となっていしまいます。

 

 

毛穴を開くのに一番有効な方法は、入浴することです。

 

シャワーでも毛穴は開くのかという疑問が出てくる方もいらっしゃると思いますが、シャワーだと体温が上昇しないので、毛穴はあまり開きません。

 

 

モデルさんなどは、ゆっくり入浴される方が多いのですが、これには毛穴をしっかり開いてから毛穴の汚れをしっかり落とし、肌を美しく保つという効果もあります。

 

毛穴を開いて洗顔のメリットとは?

 

毛穴を開いてから洗顔をすると汚れがしつかり落ちるということ以外にももう一つメリットが有ります。

 

それは、鼻の黒済みを防ぐのに大事な洗顔後の保湿時の有効成分が、毛穴を開くことにより肌の奥に浸透することです。

 

 

洗顔後の保湿

 

自宅でいちご鼻ケアをする際には、洗顔後の保湿が一番重要です!

 

通常の保湿クリームでは、せっかく綺麗になった毛穴が詰まってしまったりします。

 

 

美白・抗角栓・保湿作用のあるいちご鼻ケア専用の美容液がオススメです!